Pokemon of the Week 113: Gastrodon

Gastrodonの名前の由来・設定考察

吉野家に行きたくなってきました
一人で行っても浮かないものでしょうか

Gastrodon (West Sea Form)
“A relative of Shellder and Cloyster, this ocean dweller sometimes comes onto land in search of food.”

Pokemon Ultra Moon

詳しい内容は “続きを読む” から。

概要

第四世代で登場した、トリトドンです。

たびたび増える水・地面複合の一匹で、第五世代からは特性で水への完全耐性も得られます。

能力こそ平凡ですが、安定した回復技のじこさいせいを習得することが大きな差別化になっています。

地域によって出現する姿が2種類から選ばれる特徴があり、青カラナクシ初見では色違いと思って焦った人も多いのではないでしょうか。

このように色々な個性がありますが、一番は何よりも特徴的が過ぎる鳴き声です。

本体のインパクトに加えて、DPではチャンピオンの手持ちでもある、第四世代プレイヤーには妙に印象に残りやすいポケモンです。


名前の由来

Gastrodon (West Sea Form)

Gastropods “腹足類” + Don “首領” が有力です。

don はスペイン語では英語の Mr. に当たる普通の敬称ですが、英語ではマフィアなどのボスの意味合いが強まります。

Don Quixote “ドン・キホーテ” も小説の中心人物である騎士の名前です。

とは言ったものの、日本語では半ば「怪獣を表す接尾辞」のような形で「ドン」が使われているので、単にそれかもしれません。

gastropods は「胃」と「足」のギリシア語からできており、「腹足類」がほぼ直訳です。

前半は gastronomy “美食(学)”、後半は tetrapod “テトラポッド/四脚ブロック” や pedal “ペダル” と同源です。

日本語のトリトドンは、tritoniidae “ホクヨウウミウシ科” との関連が指摘されています。

この科(もしくは上科 tritonioidea)には triton- を含む種が複数あり、これ以上の特定は難しそうです。

あまりにも情報源が少なく確かなことは言えませんが、温暖な海に生息しているそうです。

これだとシンオウの北海道モチーフと噛み合いませんが、少なくとも一種は山形県くらいの緯度でもいるようです。

毎度のこととは言え、単に名前だけのモチーフと言われてしまえばそれまでではあります。


図鑑説明と設定

“A relative of Shellder and Cloyster, this ocean dweller sometimes comes onto land in search of food.”

“シェルダーやパルシェンの同族で、この海の住人はときに食べ物を探して陸にやってくる。”

それにしてもまあまあ陸で目にする機会の方が多く感じますが……

貝類の仲間であるのは、まさにウミウシの特徴です。

名前の由来の gastropod にも、もちろん貝類が含まれます。

トリトドンとポケモン地理

Gastrodon (East Sea Form)
“For the most part, it makes its home along the seashore. Its color and form differ according to its habitat and the quality of its food.”

Pokemon Sun

“大抵は、海岸付近に家を作る。色と形は住処と、食べ物の質によって異なる。”

東の海、西の海という名前の一方で、東西で分布が分かれているのはシンオウだけです。

カロス(フランス)はシンオウ(北海道)より西、アローラ(ハワイ)は東と考えれば以前は整合性は取れていました。

しかし、東西の分割ではガラル(イギリス)が東という謎が生じます。

『盾』のカラナクシの図鑑に、色は海水温によって変わるという記述があるようなので、これも考慮すべきかもしれません。

北海道については暖流の影響で西の温度が高いのは一応その通りです。

ただ、アローラが東(低温)というのがどうにもならないので、海水温説にも異を唱えたいところです。

まあ、ホウエン(ORAS)がバージョンによって姿が違う時点で、考察自体が無意味な気がしないでもないですが……

それでも、こういったことを無駄でも真面目に考察すること自体が楽しくないでしょうか。

ありえるのは、特定のウミウシの分布を参照している可能性ですが、これはちょっと素人には太刀打ちできなそうではあります。


トリト丼食べたいです

グラードンやリザードンがいるラインナップでもトリトドンが欲しくなる不思議な魅力がありますね

しかし吉野家は行ったことがないので躊躇してしまいます

それでは、来週もまたよろしくお願いします。

前回の記事へ

参考文献

Bulbapedia
Wikipedia Gastropoda Tritoniidae Tritonioidea Don Quixote
山形県・庄内海中図鑑
ポケモンWiki
World sea temperature

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です