Pokemon of the Week 210: Gourgeist

Gourgeistの名前の由来・設定考察

4年も毎週書いているのか…暇かな?

Gourgeist (Average Size)
“Singing in eerie voices, they wander town streets on the night of the new moon. Anyone who hears their song is cursed.”

Pokemon X

詳しい内容は “続きを読む” から。

概要

第六世代で登場した、パンプジンです。

4段階のサイズがあり、サイズによって能力も段階的に変化します。

相方と共に、最初から無条件の通信進化という特徴を持ちます。

Lv1での進化と同時に大量の技を習得するため、ランダム交換の回転率を下げる魔のポケモンでもあります。

専用技は Trick-or-Treat “ハロウィン” で、対象にゴーストタイプを「付与」します。


名前の由来

Gourgeist (Pumpkin Pokemon)

Gourd “瓜科の植物” + Geist “ドイツ語:霊” のようです。

gourmet “フランス語:美食” だと思っていたのですがこの語があるなら違いますね。

日本語の方は Pumpkin “南瓜” + 魔人 もしくは Jinn でしょうか。

南瓜(カボチャ)をはじめ、「瓜」を含む植物は多いです。

胡瓜(キュウリ)、西瓜(スイカ)、甜瓜(メロン)など。

ちなみに、ポケモンの家族系ジムリーダーにも瓜科ペアがあります。

冬瓜と瓢箪、メロンと真桑瓜(マクマウリ)がそれぞれ親子ですね。

真桑瓜はメロンの品種の一つだそうです。

図鑑説明と設定

“Singing in eerie voices, they wander town streets on the night of the new moon. Anyone who hears their song is cursed.”

“不気味な声で歌いながら、新月の夜に街路をうろつく。その歌を聴いた者は皆呪われる。”

呪われる(無慈悲)

実は、進化前の含めてハロウィンという語は登場しません。

一応宗教的な意味合いを含むものなので忌避されたのでしょうか。

ハロウィン

ハロウィンは、All Hallows’ Eve とも言われる「聖者の日」だそうです。

11月の最初にある聖者の日に、ケルト系の文化が影響したものが今日の姿のようです。

冬の始まりであり、暗い季節の訪れを告げる行事と言われます。

霊などの世界との境界が不明瞭になるときで、死者が帰ってくるとも言われています。

有り体に言うとお盆ですね。

16世紀ごろには、仮装した年少者が謳いながら家を巡り歩くという文化があったそうです。

ちなみに、恐ろしい顔をした jack-o’-lantern は魔除けです。

悪霊が寄り付かないように運んでいた、という起源のようです。

おまけ:サイズ違い

Gourgeist (Small Size)
“Small Gourgeist pretend to be children to fool adults. Anyone who falls for the act gets carried away to the hereafter.”

Pokemon Sword

“小さいパンプジンは子供のふりをして大人を欺く。騙された者たちは皆あの世に連れ去られる。”

マルマインがまかり通る世界なので、目が節穴な人が多いようです。

Gourgeist (Large Size)
“Large Gourgeist put on the guise of adults, taking the hands of children to lead them to the afterlife.”

Pokemon Sword

“大きいパンプジンは大人に変装し、子供の手を取って死後の世界に連れていく。”

大人のふりをする(1.1m)

Gourgeist (Super Size)
“Supersized Gourgeist aren’t picky. They will forcefully drag anyone off to the afterlife.”

Pokemon Sword

“特大のパンプジンは細かいことを気にしない。誰もを力ずくで死後の世界に引き摺っていく。”

それでこそ化け物。1.7mなので急激に大きいですね。


大体ハロウィンの頃に開設したので、その度に周年を数えています。

4年続いているのは読者の皆様とうまい棒くらいの収益のおかげです。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

前回の記事へ

参考文献

Bulbapedia
Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です