Pokemon of the Week 30: Salamence

Salamenceの名前の由来・図鑑説明考察

レートの新シーズンが始まりましたね。
先週に引き続き、今週もメガポケモン最強の一角です。

Salamence 
“Overjoyed at finally being able to fly, it flies all over the place and usually doesn’t land until it’s completely exhausted and needs to sleep.”

翻訳・解説は “続きを読む” から!




概要

全世代で唯一、2種類の600族を擁する第三世代の600族の一匹です。

テレビ放送では新作で解禁になるはずだった逆鱗を披露してしまったり、実況者による名言(?)があったりと、話題には事欠かないポケモンです。

ORASでメガシンカを獲得してからは環境のトップに居座り続けています。
竜の舞を積むアタッカーのみならず、やたらと硬い上に回復技を持つため耐久すらできると、能力値の暴力を思い知らせてくれます。

第七世代ではメガ後の特性が下方修正を受けましたが、まさかの初速上昇により弱体化したかというと微妙です。

私のシーズン9のパーティはボーマンダの起点になり続けて負けました。
つよい。


名前の由来

Salamander “サラマンダー” + Violence “暴力” と考えられます。
他の候補として、menace “脅す” もあります。

日本語名を 暴力 + サラマンダー とすれば前後逆転して同じ名前になります。
「暴慢」まで掛けるとすれば、やや意味はずれますが menace まで対応するのかもしれません。

ウーパールーパー=サラマンダー

ちなみに、この Salamander という単語、火の力を持つトカゲ(大きいものならドラゴン)で馴染みが強いと思います。

ですが、「サンショウウオ」を表す一般名詞としても使われます。
Googleで salamander と サラマンダー を検索すると対比が面白いですね。

ウーパールーパーも「サラマンダー」の一種で、メキシコサンショウウオ(アホロートル)のアルビノ種が一般に流通しているものらしいです。

ちなみに、このウーパールーパーなどの種類には顔の後ろに突起物があり、ボーマンダにもこれがあります。

タマゴ技でハイドロポンプを覚える、もともと滝の奥地に登場するなど、案外ちゃんとサンショウウオをやっていることがわかります。

日本のオオサンショウウオなどの種類にはこの突起がなく、ヌオーはこちらのタイプに属します。

ただのデザインにも見える部分に、このように元ネタがあるのですね。


図鑑説明と設定

“ついに飛ぶことができるのに狂喜してあらゆる場所を飛び回り、大抵の場合は完全に疲れ切って眠らなければならなくなるまで着地しない。”

文法の話もしておきますと、分詞構文です。

この場合は、「狂気して」を「飛び回る」と「着地しない」の両方にかけたいためにandで繋がれているのだと思います。
ですが、文がやや長くなるため、通常英文を書く時には一文に2つ以上接続詞を使わないことをおすすめします。

宙吊りモーションの賛否

第六世代からポケモンもドット絵ではなく3Dになっています。

その中で賛否両論なのが、ボーマンダに代表される一部ポケモンが空中で静止しているモーションではないでしょうか。

この図鑑説明はウルトラサンのもので、「ボーマンダは着地しない」との内容が書かれています。
これが上記モーションへの設定上の回答のようにも思えます。

ですが、この説明は新規のテキストでもともとあった設定ではない様子があり、私個人はやや納得がいきません。
映画やアニメ、以前の3D作品では普通に着地していたはずです。

宙吊りはXYのスカイバトルの負の遺産とも言われています。
それが廃止された今、接地モーションもあっていいのではないでしょうか。
(リザードンには接地もあるという噂です)

空中戦のあり方としては、FE暁が個人的に好きです。
曖昧な記憶ですが、飛行ユニット同士の戦闘の時だけ背景が空中になったはずです。

そんな風に、お互いが飛行/浮遊のときは空中戦になる、などでもいいのかな、と。

この図鑑説明を書いた以上、(最初からそうなら)ボーマンダの設定としては違和感がないため、このポケモンは空中路線で行くのかもしれません。

ですが、エアームドやシビルドンといった、個性が潰されてしまっているポケモンがいるので密かに修正を期待しています。

リーク疑惑が話題になっている、Switch版に期待です。


さて、今週のポケモンは600族のボーマンダでした。

後半、私個人の意見になってしまったのですが、これは色々なところで議論になっているのでそこに対するコメントとして受け取っていただければと思います。

ポケトレで入手した色違いマンダでタワーを登った日々を思い出します。

それでは、来週もまたよろしくお願いします。

前回の記事へ

次回の記事へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です