[性格変更] 海外GameInformers情報 [ポケモン剣盾]

10/2インタビュー情報の翻訳

元サイトはこちら

著作権の関係で全訳はできず、引用の体裁を保つために私のコメントがあることはご容赦を。

レイドについて

“Iwao says. “I think it’s going to have a kind of difficulty we haven’t seen in a lot of main series Pokémon games up until now, but there is a wide spread of difficulties even in the Max Raid Battles.””

“岩尾氏によれば、「多くの本編ポケモンシリーズで今までなかったような難易度になると思いますが、マックスレイドバトルと言っても広い難易度の幅があります」”

本編で難易度といえば、ウルトラネクロズマやバトルファクトリーが思いつくところでしょうか。
kind of difficultyという使い方が気になり、こういったものとは別種の難易度ということかもしれませんね
地味にナゲキが画像から内定。

オートセーブについて

“Normally after you perform a trade, you’d need to stop and save, but instead, Game Freak figured out a way to incorporate seamless saves into the Wild Area.”

“通常、交換をした後は立ち止まってセーブする必要があるが、ゲームフリークはワイルドエリアでのシームレスセーブを取り入れることができた”

For those who don’t want Pokémon Sword and Shield to autosave, fear not: You can turn the feature off and stick with the traditional save method where you pause the action and manually save.

“ポケモン剣盾にオートセーブして欲しくないという方々もご安心を。この機能はオフにすることができ、ゲームを止めて手動でセーブする従来の記録方法を続けることもできる

伝説厳選などの場合はオフにすれば良いのでしょうが、切り忘れが怖いですね。
ちなみに、Switchにリセットボタンがなく再起動(=厳選?)が難しいことを開発は重く見ているようです。

全国図鑑、リストラについて

特に有意義な情報はありませんでした。
National Dexという用語を剣盾の地方図鑑に当てているのが非常に紛らわしいですね。

秘伝マシンについて

“The player can kind of choose how they want to engage with the gameplay. Having the more HM-based elements, we didn’t feel it really matched the game, so this time around they’re not in it.”

“プレイヤーはある意味で、どのようにゲームに関わるか選べるようになっています。秘伝マシンに根ざした要素があるのはあまりこのゲームに合っていると言えず、今回は(秘伝マシンは)ありません。”

サンムーンに引き続き、秘伝技はないようです。
ムービーでも水上移動は自転車でしたね。
自由度を推してきます。

学習装置はシステムに

アイテムとしての学習装置は廃止。
常にパーティ全員が経験値をもらえます。
おそらく心配ないですが、今の所オフにできるという名言はなし。

育成、性格変更など

“Traditionally in the series, you start with your starter Pokémon and then you catch a lot of Pokémon in the beginning, and those are with you throughout your whole adventure, and the player gets attached to them. But a lot of times, they get into the competitive battles and they find they can’t actually use those Pokémon or they’re not competitive,”

“従来、プレイヤーは最初のポケモンを選び、初期にたくさんのポケモンを捕まえ、旅の間ずっと一緒にいることで愛着が湧きます。ですが多くの場合、対戦環境に行くと実際のところそれらのポケモンを使えなかったり実戦向きでなかったりします”

“say you have a Pokémon where it’s got all the right stats and everything, but there’s a personality parameter as well that comes into play in battles, and it might not be the right personality, so you’ll breed until you get the right one, is what people do currently. But you’ll see that there’s a system in the game that will fix that for people.”

“例えば、ステータスから何から全て揃っているポケモンがいるとします、ですがバトルにも作用する性格パラメーターがあって、正しい性格ではないかもしれず、合っているものが生まれるまで産む、というのが今人々がやっていることです。ですがそれを修正するシステムがゲームにあるのがわかると思います。”

前世代から連れてきたポケモンも修正して使えるようなことが述べられています。
レートに相当するバトルでも過去ポケモンは使えるのでしょうか。
personality parameterと述べた上で代名詞でぼかしていることからも、性格ではなく補正値だけ修正できるのかもしれません。
厳選したい人は厳選もできるそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です