ポケモンクエスト 序盤/中盤/終盤それぞれの攻略ポイント

スマホ版配信開始

ポケモンクエストのスマホ版も配信されましたね。
Switch版ですが、裏ステージの最後までクリアしたので進度別の攻略ポイントを書いてみます。

この記事には以下が含まれます

  • ステージボスなどのネタバレ
  • 無課金プレイ
  • Switch版準拠
  • 個人の感想




全体的に…

育てるより乗り換える

基本的に、同じポケモンを頑張って育てるのは推奨しません

理由としては、
レベルアップによる能力上昇があまり大きくなく、
それに比べてPストーンの強化が大きく、
高レベル加入の方がストーン枠の面で有利なためです。

大変に効率のいいレベル上げがあるわけでもないので、基本的に上位鍋で呼んだポケモンに乗り換えていくのがセオリーになります。

もちろん、最初に選んだポケモンなどに愛着があるのは分かりますが、最後まで使い続けるのは非常に厳しいです。

序盤(ステージ3まで)

無進化ポケモンを活用しましょう。

ストーン枠がそこまで多くなく能力の底上げがしにくいため、割と素のステータスが物を言います。

特におすすめはイワークです。
防御力が高く倒されにくく、かつ比較的低コストの料理での狙い撃ちがしやすいため加入が容易です。

おすすめの技は、高火力でホーミングのいわおとしと、馬鹿にならない防御バフのかたくなるです。

能力値が足りていないとパルシェンあたりが最初の全滅ポイントになります。
ただ、無進化ポケモンの能力があれば全体的に余裕があります。

中盤(ステージ6まで)

タイプボーナスを活用技も揃え始める

ステージ一つずつの推奨戦闘力の上がり幅が大きくなり始め、普通にレベルを上げていると追いつかないことが出てきます。

数字が足りていないのが気になる場合は、おすすめタイプを仲間にして使うのが有効です。

いわおとしイワークなど、強力な技が使えるポケモンがいれば数字以上のステージもクリアできます。

逆に言うと、弱い技ばかりのポケモンだと推奨能力ギリギリではクリアできないことも出てきます。

銅の鍋は微妙に素材数とレベルが釣り合っていない印象があるため、レベルの底上げがしづらく存外難しい時期です。

幸い、進化レベルに差し掛かるポケモンが多いため、進化のモチベーションがあります。

終盤前半(ステージ8まで)

銀の鍋を活用

ちょうど岩・地面にブーストがかかるのもあり、こだわりがなければ冗談抜きでイワーク3体でいけます。
被りが許せなければイシツブテ・サイホーンとの編成で2ステージに渡って数字を稼げます。

銀の鍋はかなり高レベルのポケモンも呼び出せるので、積極的に活用していくのが吉です。

終盤後半(ラスボスまで)

数字より技を。混乱

このあたりでは、タイプ強化に便乗してもなかなかステージの数字を稼ぐのが難しいです。

技が揃っていれば全く数字が足りていなくてもクリアできるため、そちらを重視しましょう。

この辺りから混乱技を使えると便利です。
相手の手数を削ぐと同時に、ステージ10のボス相手には一回の自傷で致命傷が入るため大変有効です。

レアコイルはステージ10でブーストもかかり、有効です。
ちょうおんぱでなるべく多くの相手を巻き込んでいきましょう。

ラスボスも混乱で対処できます。
被弾すると一撃もありえる強さだからこそ、行動させないことを重視するといいです。

クリア後(裏ステージ)

結束+混乱+火力+hit回復

正直なところ、私もクリアが100%安定している訳ではないのですが、混乱は相変わらず有効です。

それに加えて、けっそくストーンでのバフ全体化が強いです。
タイプ補正が存在しないため、推奨能力値などどう考えても遠く及ばず、能力上昇技でなんとか数字を稼ぐしかないです。

おそらく、自バフの25%*個数の倍率だと思われるので、複数付けた方が良いと思われます。
攻防一体のビルドアップが個人的におすすめです。

バフあってなお、後半のステージでは一撃でHPが抉れます。
攻撃ヒットでHP回復、のストーン大量投入が必須級です。

参考までに、私が周回を行なっているパーティは
流星群リピート早打ち
結束*3ビルドアップ
超音波長持ち+弾数増加
です。

ちなみに、裏の最終ステージのボスラッシュは、伝説3鳥になかり強い状態異常耐性が付いているようなので混乱の代わりに火力をいれたほうが良さそうです。
一応、無効ではないことは確認していますが、かなり入りにくいためここに限っては非推奨です。


あくまでも個人の考察なので、より良い方法もあるかもしれませんが、この方法でクリアできました、というレポートです。

同じ愛着のあるメンバーで攻略したかったのですが、それでは中盤が限度でした…

お祭りゲームと割り切って、色々なポケモンを使うのがいいのではないでしょうか。

普段はポケモンの名前の由来と英語について書いています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です