[文法好きには最高]語学書版ダークソウル[ドイツ語]

しっかり身に付くドイツ語トレーニングブック

Amazonでもベストセラーの本ですが、実際使っておすすめなのでレビューです

個人的には全言語で同形式を作って欲しいくらい最高です

ただまあ、明らかに人を選ぶので挫けぬ心か言語への愛がある人だけ検討どうぞ

ちなみにダークソウルはエアプです

驚愕のほぼ全編和文独時訳

この本の最大・最高の特色です

とにかく情報の密度が濃いです。

1ページに軽く10個ほどの問題がひしめき合っています

行間が広かったり、可愛らしいイラストが場所を取っていたりすることは全くありません

そしてその問題のほぼ全てが和文独訳です

つまり、選択問題のような生易しい問題形式は1つもないです

並び替え問題すらないです

動詞の活用を覚えましょう → 正しい活用を選びましょう、がありがちな語学書ですが

この本は 動詞の活用を覚えましたね? → ではそれも使いながら全文書いてください、になります

半ばダークソウルです

解答編に解説は皆無なため、なんで死んだのかも自分で考える必要があります

前までに扱った範囲が複合して出てきて、引っかかっては絶望することが多々です

この復習トラップの間隔も絶妙に考え抜かれており、綺麗に引っかかっては己の愚かさを恥じることになります

この調子で本編約300ページが進んでいくため、死に覚えしながら大変に実力のつく参考書です

最終的に身に付くのは?

おおよそ中学英語に相当する程度の単語力と、高校レベルに相当する一通りの文法要素が扱われています

文法では具体的に、受動態や完了相、仮定法に当たる接続法も各時制で扱うといえば伝わるでしょうか。

このぐらいの文章なら辞書チラ見で読めるようになりました

巻末に簡易的な和独辞書が付属しており、別途で辞書の購入が要らないのも大きな魅力です

初見の単語はほぼ問題中で与えられており、これについては辞書を引く必要もありません

(勿論、2回目以降の単語はだんだんくれなくなります)

一方で、日常会話という面ではほぼ無力です

文法特化のため、日常表現を習うことは一切ありません

具体的には、「こんにちは」「ありがとう」も知らずに仮定法まで使えるようになります

大量の文を書かされるので、文の構成速度自体は半端な会話本より高まると思います。

私の場合、簡単な会話なら差し支えないレベルになりました。

ちなみに申し訳程度にリスニングもあり、これもいきなり早口で潰しにかかってきます

若干の誤植と細かな説明不足

出版物に誤植は避けられず、この本にも若干ながらそれがあります。

ただ、独学の場合、これは結構致命的に働きます

なぜなら前述の通り解答の解説がなく、何度見返してもなぜ不正解したのかわからないからです

私はこのバグ死の看破も楽しみましたが、人に勧める時にはただでさえ高いハードルが上がる問題と考えています

あとは終盤の受動態を過ぎたころから説明なしでマイナーな規則を含めた問題が突きつけられることがあります

誤植と合わせて、Google翻訳で他の語の組み合わせも検討、規則を探し出すことになります

とはいえ課のメイン文法の解説はしっかりしています

トロコン勢のような解き方をしない場合はスルーもできると思います

総評

  • 挫けない人には最高クラスの語学書
  • 旅行ぐらいなら他の本をおすすめ

全うできれば確実に実力のつく本です

高密度の本編300ページ、別途の辞書不要で3,000円切るとコスパもいいです

一日一課の狂気のペースで進めても一月はかかりますし薄味RPGより長く遊べます

今後こんなに長い書評を書くことはないかもしれません

それぐらいおすすめです

Kindle版がちょっと安いですが紙を推します

解答・辞書のページが後ろなので行き来がしやすい方がいいと思うからです

なお、英語と比較しての文法解説が多いので高校英語くらいの軽い知識はあった方がいいです

ここまで脱落せずに読んだ人は多分大丈夫と思いますが……

全言語でこれください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です