Pokemon of the Week 46: Tapu Lele

Tapu Leleの名前の由来・設定考察

USUMのシーズン11も終わりました。
勝ち方がわかりません。

Tapu Lele 
“Although called a guardian deity, Tapu Lele is devoid of guilt about its cruel disposition and can be described as nature incarnate.”

翻訳・解説は “続きを読む” から!




概要

第七世代、サンムーンの準伝説、カプ・テテフです。

前情報では状態異常技を駆使するタイプと思いきや、蓋を開けて見れば単純に殴る強キャラでした。

半減でも受け出しを許さない高火力、拘ることがデメリットになりにくい性質、先制技無効、撃ち分ければ攻撃面の補完に優れる複合と隙が少ないです。

挙句、カードでも必須級の性能を持つらしく、様々な場でサンムーン環境を席捲しているポケモンと言えるでしょう。


名前の由来

Tapu “ハワイ語:神聖なる” + Pulelehua “ハワイ語:カメハメハ・バタフライ” と思われます。

タブーとカフナ

ハワイ語 tapu は同じく太平洋の島々の言語としてトンガ語と繋がり、そこから英語に借用されています。

英語では taboo “禁忌/タブー” として取り入れられている言葉です。(出典)

英語や日本語では、法律のように定められていなくとも文化的にご法度なこと、という意味合いが強いです。

tapu と kapu は同義で、ポリネシアの島々で社会的/宗教的な禁則事項を表します。

これを定めるのがハワイでは kahuna と呼ばれる支配者であり、英語版のポケモンではそのまま「しまキング」に当たる使われ方をしています。(出典1) (出典2)

てふてふ

pulelehua はハワイの州の虫として定められている蝶の一種です。

ハワイの大王、カメハメハにちなんで Kamehameha Butterfly とも呼ばれます。

pulelehuaをハワイ語で「蝶」の総称としている説も各所で見受けられますが、明確な資料が見つかりませんでした。

おそらく、この一種に対してのみ使う言葉なのではないでしょうか。

他のカプ達のモデルが一見して分かるのに対して、この一匹だけモデルが一見して分かりにくいのは英語でも同じです。

テテフのみが英語ではハワイ語、日本語では古典的仮名遣いを用いているためでしょう。

日本語の現代で「蝶々」となる「てふてふ」も初見ではなかなか思いつかないものです。

殻の形もやや分かりにくいですが、殻を閉じた時に背中の突起が羽、横髪(?)が口になっています。


図鑑説明と設定

“守り神と呼ばれてはいるものの、カプ・テテフはその残酷な性質についての罪悪感にかけており、自然の化身と形容することもできる。”

ゲーム内でもアニメでも、話の通じない相手、という描かれ方をしているポケモンです。

御することの叶わない自然の摂理とバランスを取りながら生きることが、人間の定めということでしょうか。

devoid of “-に欠けている” は、本来あるべきものがない、という意味合いの熟語ですね。

void “虚空” と devoid が関連する単語です。

ちなみに、ポケモンDPの「なぞのばしょバグ」を Void Glitch と言います。
glitch がバグ技、です。

ハワイの4神:カーネ

ハワイの4神をモデルとするカプ達の中で、テテフは「カーネ」に対応します。

Kāne は生命と誕生を司る神で、4神の中でも最高位の神とされています。

カーネは器に生命の息吹を与え、人間に命を与えたと言われています。

respire “呼吸する” と spirit “精神/魂” に関係があるように、ヨーロッパと太平洋という異なる文化圏でも呼吸=命という認識が共通しています。

テテフに割り当てられている遺跡は「命の遺跡」ですね。
ポケモンのゲーム内の描写と同様に、先祖信仰にも関連する神です。

海と黄泉の国を司る Kanaloa とは対になっています。

Kanaloa を元にするカプは、「彼岸の遺跡」を拠点とする水タイプのレヒレです。

命を生み出すことのできなかったカナロアは、人の命に終わりをもたらし、その魂を手に入れることにした、という伝説のようです。

なお、ポケモンのカプとしては女性的な容姿を持つテテフとレヒレが対応することになっていますが、元のハワイ神話では4神とも男神です。

残りの2柱も、「戦争と平和」という形で対立を為しています。(出典)

ちなみに、カーネと蝶には特に関連はないようです。
カナロアも海と関連するとはいえカジキの神ではなくタコなどのようですし、ハワイの名物を組み合わせたと考えるのが妥当ではないでしょうか。

「胡蝶の夢」であるとか、儚さ、という無意識なイメージとしては繋がるかもしれません。


さて、今週のポケモンはカプ・テテフでした。

このところ大きな災害が多く、被災された地域の方々に謹んでお見舞い申し上げます。

一人の方でも私の記事から何かを得てくださればそれで私は幸いです。

それでは、来週もぜひまたよろしくお願いします。

前回の記事へ

次回の記事へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2017 - 2022 ポケモンで英語を学ぶ人の雑記.


当サイトは非公式のファンサイトです。
引用の画像及び文章は、株式会社ポケモン、ゲームフリーク並びに関係企業に帰属します。