Pokemon of the Week 47: Drampa

Drampaの名前の由来・設定考察

3連休です。
明日は敬老の日です。

Drampa 
“If a child it has made friends with is bullied, Drampa will find the bully’s house and burn it to the ground.”

翻訳・解説は “続きを読む” から!




概要

第七世代サンムーンで登場した、ジジーロンです。

発売前から公表されていた、ムーン限定のポケモンになります。

タイプのノーマル/ドラゴンと特性、ぎゃくじょうという2つの固有要素を持ちます。

準伝説ドラゴンを上回り、特性でさらに高まる特殊攻撃力が特徴です。

全体的に高水準な能力を持つドラゴンの中にいて使用率は控えめですが、個性は光っている種族です。


名前の由来

Dragon “ドラゴン” + Grampa “おじいちゃん” と思われます。

音を重ね合わせてできている名前で、単純ながら秀逸です。

「ん」は何種類ある?

grampa は grandfather に対しての愛称ですが、nがmに変化しています。

これは、日本語のヘボン式ローマ字表記でも起こる現象です。

m/b/pの前では、「ん」をmと表記するものです。

これは、日本語の実際の発音に即した表記方法になります。

「ん」、あるいは撥音の発音は一つではなく、細かくカウントすると10種類以上ともされています。

これは前後の音に影響されるなどして変わるのですが、その中で代表的なのがmの音で発音する場合です。

「ん」の発音の性質の1つとして、後ろに続く音と似る(同化する)ことが挙げられます。

m/b/pはどれも、上下の唇を閉じて出す音(両唇音)で、これらの前の「ん」は同様に唇を閉じて発音することになります。

また、k/gの前では英語の-ingの最後の音と同様の発音になります。

したがって、「散歩」「参加」「サンタ」それぞれ全て違う音になります。

後2つは少しわかりづらいかもしれませんが、「散歩」に関しては唇の形が違うので比較的わかりやすいはずです。


図鑑説明と設定

“仲良くなった子供がいじめられると、ジジーロンはいじめっ子の家を見つけて焼き払ってしまう。”

make friends with “友達になる” は受験英語でも出てくるイディオムになります。

相手と自分を少なくとも計上するので、誰か1人と友達になる場合でも複数のfriendsになります。

bully は「いじめっ子」という名詞、あるいは「いじめる」という動詞として使われます。

社会問題や、高校生の英語ディベートの論題について話す時に出てくることが多いです。

それにしても、アグレッシブなおじいちゃんです。

特性も相まって、設定だけが公表されていた発売前には散々な言われようをしていた記憶があります。

ちなみに、特性・ぎゃくじょうの英語版は Berserk です。
berserker “バーサーカー” にもなるような単語です。


さて、敬老の日の前日の今日は、ジジーロンを扱いました。

2週間連続の3連休、良い週末になるようお祈り申し上げます。

それでは、来週もまたよろしくお願いします。

前回の記事へ

次回の記事へ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2017 - 2022 ポケモンで英語を学ぶ人の雑記.


当サイトは非公式のファンサイトです。
引用の画像及び文章は、株式会社ポケモン、ゲームフリーク並びに関係企業に帰属します。