ダイパリメイク初報への反応[お気持ち]

*PotWに入れようとしてあまりにもネガティブだし個人の意見なので分離したものです

プレゼンツ初報の段階で言うと、『BDSP』はかなり不安の煽られる情報公開だったと思っています。

というのは、『DPt』自体がリマスターでは劣化する可能性が高い性質を持つにもかかわらず、魅力的な追加要素が何も提示されていないからです。

『DPt』には、DSというハード特有の性能を生かした部分が大いにありますし、現在の情勢・3Dモデルと相容れないのではないかという特徴もあります。

  • 下画面のポケッチ
  • GBAソフトのダブルスロットを利用した野生ポケモンの追加
  • ボールカプセル
  • パルパーク
  • ゲーム内施設としてのGTS
  • ゲームコーナー
  • なぞのばしょ

それぞれの要素がどれほど魅力的か、というのはこの際問わないことにします。

何ならパルパークなんてものはないほうがよい。

ただ、この要素の一部はハード的にそのまま実現は不可能、一部は『Home』に取って代わられています。

なので、この中の少なくとも一部が切り捨てられる可能性があります。

これで、グラフィックが『剣盾』ベースに変化していたらそれはある一面での大きな向上と言えると思います(別作品と言っても差し支えない)

しかし、それをしないという方向性が示された以上、「リマスターでは?」という考えが首をもたげることは避けられないと思います。

そして、前述の要素が削られるとしたら、ゲーム内容的には劣化していると見なさざるを得ない可能性があります。

最悪の場合、上記の施設が空き家にされる想像すらしてしまいます。

さらに追い討ちをかけるのが外注宣言、及びLEGENDSの発表ではないでしょうか。

これによって、追加要素なしの復習用前座にされたのでは?という不安が生まれます。

もちろん、これは初報の段階の印象です。

これから魅力的な追加要素が発表されることで掌を返すこともあると思います(し、そうなって欲しいです)

さらに、戦闘や移動のテンポの悪さ、激遅セーブなどが改善されるだけでも単体のゲームとしては間違いなく面白くなると思います。

特に、原作をやっていない世代がプレイするとなると、「昔のポケモン」(一本道路線になる前)の集大成のようなマップなので、新しいはずです。

ただ、現時点で、リメイクを待っていた高齢者たちにはあんまり魅力がないのでは、というのが実際のところです。

だから買わないとかそういうことではなく、間違いなく両方買います。

単に思っていたのと違うなぁという感情の共有です。

特にオチもなくてすみませんが、共感してくれる人がいたら仲間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です