Pokemon of the Week 175: Turtwig

Turtwigの名前の由来・設定考察

何にせよリメイクを買わないことはないと思います。

Turtwig
“It undertakes photosynthesis with its body, making oxygen. The leaf on its head wilts if it is thirsty.”

Pokemon Pearl Version

詳しい内容は “続きを読む” から。

概要

第四世代の御三家、ナエトルです。

草御三家なので、シンオウ図鑑最初のポケモンでもあります。

やや鈍足の嫌いはあるものの、最終進化の地面は優秀であり他の2匹に大きく引けを取ることはありません。

主役がムクホークになりがちなことを考慮すると、電気に強く出られるのは独自の強みであったりもします。

物理型の草というのも、物理特殊分離の影響を受けた世代の最初を飾るポケモンとして適任かもしれません。


名前の由来

Turtwig (Tiny Leaf Pokemon)

Turtle “亀” + Twig “小枝” と思われます。

さまざまな亀ポケモンのときに turtle の話はしたので割愛します。

英語名では若葉ではなく細枝になっています。

ポケモン内で twig が他に使われるのは、Galarica Twig “ガラナツのえだ” です。

ピンと来ない人もいるかもしれませんが、ガラルヤドンの進化に関連するアイテム(の素材)です。

ちなみに、全言語の名称を見ていくと「枝」と「苗」が概ね半々です。

どちらにせよ「苗/枝」「林/森」「大地」という変化の規模には差し支えないかもしれません。


図鑑説明と設定

“It undertakes photosynthesis with its body, making oxygen. The leaf on its head wilts if it is thirsty.”

“体で光合成を行って、酸素を生み出す。頭の葉は喉が渇くとしおれる。”

葉だけで行うわけではないのですね。葉緑体の部分が緑と考えると納得ですが。

photosynthesis というのが「光合成」の部分です。

ポケモンの技名としては synthesis “こうごうせい” ですが、これでは単に「合成」です。

おそらく、当時の技名の文字数制限によるものだと思われます。

登場時の第二世代では、(私の知識が合っていれば)最長の技名は Thunder Shock “でんきショック” などのスペース込み13文字です。

photo- まで入れると14文字なので、ここが境界線だったかもしれません。

なお、現在では Revelation Dance “めざめるダンス” など、スペース込み16文字の技名が登場しています。

ちなみに、何でもありという条件だと、最長の技名は Menacing Moonraze Maelstrom だそうです。

日本語名で「ムーンライトブラスター」、ルナアーラZの技です。

ダイパリメイクについて(余談)

長くなりすぎたので別記事に引っ越します。

そもそも個人の意見はあまり入れないようにしているシリーズですし…


ダイパリメイクが発表された今週はナエトルです。

まよいのどうくつでフラッシュがなくて詰みかけ、ドダイトスになったのを覚えています。

その辺のダンジョンは当時のままだと思うので、そこは期待できますね。

それでは、来週もまたよろしくお願いします。

前回の記事へ

参考文献

Bulbapedia Turtwig (Pokémon) List of Moves
Pokemon Database

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です