Pokemon of the Week 199: Porygon-Z

Porygonの名前の由来・設定考察

次回は200回だそうです。
どうしようかな

Porygon-Z
“Its behavior is noticeably unstable, which is apparently due to the incompetence of the engineer who updated its programming.”

Pokemon Ultra Sun

詳しい内容は “続きを読む” から。

概要

第四世代の追加進化、ポリゴンZです。

ポリゴン2に、あやしいパッチを持たせて交換することで進化します。

ノーマルタイプ1位(タイ)の特殊攻撃力を持ちますが、耐久はポリゴン2より劣ります。

しんかのきせき適用のポリゴン2の耐久性能が圧倒的なため、対戦環境では出番を取られがちです。

とはいえ攻撃性能は本物で、一致はかいこうせんによる決定力はロマン砲とも言われます。


名前の由来

Porygon-Z (Virtual Pokemon)

Polygon “多角形” + Z と思われます。

ポリゴン2はスペースなどもない Porygon2 ですが、こちらはハイフンが入ります。

2020年前半、ポリゴンZの中国語名が変更されたことが少し話題になりました。

多边兽Z という名前だったのが、多边兽乙型 への変更です。

同時に、進化前の 多边兽II多边兽2型 に、他には 谜拟Q “ミミッキュ”谜拟丘 になっています。

文化を守るための政府の告知が背景にあったとも言われますが、一次資料をたどっていないので参考までに。

強引にも思われそうですが、決してこういったことは中国に限りません。

有名なのがフランスで、Toubon law と通称される言語政策に関する法律があります。

公文書はもちろん、広告や商業通信にもフランス語の使用を義務付ける内容を含む法律です。

新造語の文法性を国立の Académie française が決定するなど、フランスは言語に関して非常に保守的です。

諸外国からの批判をフランスももちろん受けていますが、一言語への強烈な保守主義は一国に限った傾向ではないことは確かです。


“Its behavior is noticeably unstable, which is apparently due to the incompetence of the engineer who updated its programming.”

“挙動が明らかに不安定で、それはどうやらプログラムを更新した技術者の能力不足のせいのようだ。”

信じられないくらい直球で非難されるプログラマー。

プログラムに相当する和語・漢語は見つけられず敗北しました。

それこそ中国語では何と言うのか見てみたところ、程式 だそうです。

色々言いつつも私もかなり保守的な日本語話者なので、カタカナの新造語に頼りたくないという気持ちは人並み以上に強いです。

カタカナも新しい漢語風語彙も等しく日本語の新語であるのには変わりないので、日本語の保守というより個人的な拘りでしょうか。

時折、何でも自言語に転換する言語を羨ましく思うこともあります。

大体、「免費下載」をネットで目にしたときくらいですが…


さて、今週のポケモンはポリゴンZでした。

本当はプログラミングの finite state について書こうと思ったのですが、言語政策の話で体力が尽きました。

まだ2も、他の人工ポケモンも残っているので…

それでは、来週もまたよろしくお願いします。

前回の記事へ

参考文献

Bulbapedia
Pokemon
Wikipedia
CNN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2017 - 2022 ポケモンで英語を学ぶ人の雑記.


当サイトは非公式のファンサイトです。
引用の画像及び文章は、株式会社ポケモン、ゲームフリーク並びに関係企業に帰属します。