Pokemon of the Week 185: Polteageist

Polteageistの名前の由来・設定考察

選ばれたのは、綾鷹でした。

Polteageist (Phony Form)
“When angered, it launches tea from its body at the offender’s mouth. The tea causes strong chills if swallowed.”

Pokemon Shield

詳しい内容は “続きを読む” から。

概要

第八世代で登場した、ポットデスです。

同期のガラルサニーゴと共に、実に第五世代の原種デスマス以来となる単ゴーストです。

発売前に先行公開されていたポケモンの一種でもあります。

しかし、DLC以前は進化前共々シンボルエンカウントがなく、スルーしがちでもあります。

また、非常にさりげなくフォルム違いがあり、進化アイテムも違うという類を見ない特徴も持っています。


名前の由来

Polteageist (Black Tea Pokemon)

Poltergeist “ポルターガイスト” + Tea “茶” と思われます。

わかりやすく語呂がいい名前ですね。

Poltergeist はドイツ語の poltern “音を立てる”Geist “霊” の複合語です。

漢語で表すと「騒霊」だそうです。オタクこういうの好き。

ポルターガイストは物理的に干渉して物体を動かすタイプの霊で、時に人間に直接攻撃するとも言われています。

霊そのものを指す名称ではありますが、「ポルターガイスト現象」と、原因が何者であれ心霊的な軋みや揺れを指すこともあります。

『剣盾』DLCからポケモンの技としても登場し、強力なゴースト物理技ですが相手が持ち物を持っていないと失敗します。

図鑑説明と設定

“When angered, it launches tea from its body at the offender’s mouth. The tea causes strong chills if swallowed.”

“怒ると、敵対者の口に向けて体から茶を発射する。飲み込まれると、茶は強い寒気を引き起こす。”

どちらの文も接続詞を伴った分詞構文ですね。

完全に毒物ですが、茶が薬品として扱われる文化はむしろ多数派なのでそこまでおかしなことでもないのかもしれません。

イギリスと茶

茶器がモチーフのポケモンということで、イギリスに似せた地方で登場したのは当然という節があります。

茶と言えばイギリスというイメージがありますが、イギリス自体は茶の歴史で言うとかなり新参です。

中国などでは紀元前から飲まれた茶ですが、イギリスの記録に現れるのはなんと1615年だそうです。

東インド会社の日本駐在員が言及したのが最初と言われています。

17世紀後半になって初めて、茶はイギリス上流階級に広がっていくことになります。

最初は輸入品の高価な薬草といった様相でしたが、次第に飲み物の1つとして認知されるようになります。

18世紀には中国との直接取引が確立し、また、織物の取引が停止された関係で、一層茶の取引が盛んになります。

この頃、茶にミルクや砂糖を入れる行為が始まったともされています。

ミルクや砂糖を加える文化に伴って、イギリスでは緑茶より紅茶(black tea)が好まれるようになったとも言われています。

また、18世紀後半、新大陸の植民地で遂にイギリス傘下の茶栽培が大規模に始まります。

茶の価格は低下し、中流階級にも、上流階級を真似つつ、かつ植民地を持つ大国への愛国心を象徴する品として広まっていきます。

19世紀には植民地インドでの栽培が始まり、この世紀には労働者階級にも交流の一環として茶が嗜まれるようになったそうです。

ブリテン島自体がよく支配者の変わる土地なので純イギリス的なものが少なく、茶もその1つであると言えます。

現在まで尾を引く「大英帝国」の文化だと言えるのではないでしょうか。

おまけ

Polteageist (Antique Form)
“This species lives in antique teapots. Most pots are forgeries, but on rare occasions, an authentic work is found.”

Pokemon Sword

“この種は骨董品の茶瓶で暮らす。ほとんどの器は模造品だが、珍しい場合として、真作が見つかる。”

ポットって意外と対応する日本語がないですよね。

だからこそ日本語に定着しているのかもしれませんが。


さて、今週のポケモンはポットデスでした。

茶やコーヒーをよく飲んでいますが味の違いはわかりません。

味でなくて情報を飲んでいるんですよね

それでは、来週もまたよろしくお願いします。

前回の記事へ

参考文献

Bulbapedia
Wikipedia Poltergeist Tea in the United Kingdom
Online Etymology Dictionary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です