Pokemon of the Week 190: Banette

Banetteの名前の由来・設定考察

ぬいぐるみが捨てられないので
ベッドに私の寝られる面積は半分しかありません…

Banette
“Resentment at being cast off made it spring into being. Some say that treating it well will satisfy it, and it will once more become a stuffed toy.”

Pokemon Ultra Moon

詳しい内容は “続きを読む” から。

概要

第三世代で登場した、ジュペッタです。

サマヨールとは対になっていましたが、あちらに追加進化が登場して置いていかれることになります。

その後、こちらのみがメガシンカを獲得して別々の道を歩んでいくことになります。

平常時はちょっと物理が強いくらいの性能ですが、メガによっていたずらごころを得ることができます。

特性で先制&次行動を素の速度で後攻することでみちづれの効力を保持しながら殴ることができる、特殊な戦法を取ることができました。

しかし、『剣盾』ではメガもろとも登場を見送られてしまっています。


名前の由来

Banette (Marionette Pokemon)

Bane “破滅” + Marionette “糸繰り人形” と思われます。

分類名がほぼほぼ結論を出しているところがあります。

マリオネットという言葉もカタカナへの敗北を招きかけましたが、しっかり日本語表記もあるものですね。

和語・漢語を用いて外来語(西洋語)を置換しようというかつての努力には感嘆します。

bane という言葉は派生語として技名にも登場します。

Baneful Bunker “トーチカ” というドヒドイデの専用技がそれです。

baneful “災いをもたらすような” ということで、発動時に触れると毒を与えられます。


図鑑説明と設定

“Resentment at being cast off made it spring into being. Some say that treating it well will satisfy it, and it will once more become a stuffed toy.”

“棄てられたときの恨みがジュペッタを生じさせた。親切に接して満足させると、またぬいぐるみのおもちゃになると言う人もいる。”

今回も日本語訳がやや敗北しています。最近の作品は難しい。

spring into “躍り込む” という表現がまず私の語彙では無理でした。

『Pokemon GO』にも Spring into Spring という春のイベントがありました。

日本語では「春イベント」という普通のイベント名になっていたようです。

『GO』は英語でやると随所に面白い表現があるので弱めにおすすめしておきます。

個人的に一番面白かったのはブーバーコミュニティデイの有料リサーチです。

「ひふきポケモンを解明せよ!」という邦題でしたが、英語版では No Match for Magmar でした。

「ブーバーに敵う者なし」と「ブーバーにマッチを与えるな(火気厳禁)」がかかっており秀逸です。

呪いの人形

さて、では暗い話に移ります。呪いの人形についてです。

人形が邪悪なものとして注目されるようになったのは、20世紀に入ってからという分析があります。

活動写真によって動かないはずの人形を動かして見せることができるようになったことが一因と言われます。

例として、日本の『世にも奇妙な物語』に影響を与えた『Twilight Zone』のようなテレビ番組が挙げられています。

ただ、個人的にはこの提示の仕方には若干納得がいかないところがあります。

先史から人間には人型のものには呪術的効力があるという直感があったように思われます。

また、「不気味の谷」のような、人間に近いが微妙にずれたものへの恐怖も根源的なものではないかと考えます。

(その意味では、技術力によって人形のクオリティが上がる-人間に似る-ことは一因かもしれませんが)

孫引きに対して反論するのはあまり有効ではないとは思いつつも、元論文を読む余裕はなかったためこのような形で失礼します。

ちなみに、「髪が伸びる日本人形」も大正(20世紀)の話のようです。


おまけ

Mega Banette
“Mega Evolution increases its vindictiveness, and the cursing power that was held back by its zipper comes spilling out.”

Pokemon Ultra Moon

“メガシンカが悪意を増大させ、ジッパーに抑えられていた呪いの力が現出した。”

まさかの zipper がカタカナにしかならないの納得いきませんね。

pot のときと同じく、日常に進出しすぎたものが死角かもしれません。


さて、今週のポケモンはジュペッタでした。

理由としては『呪術廻戦』を一気見したからです。私の動機なんてそんなもんです

最初は式神の話を構想したのですが、ポケモン全部式神だと思って広すぎて無理でした。

それでは、来週もまたよろしくお願いします。

前回の記事へ

参考文献

Bulbapedia
Wikipedia日本語版
Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です