Pokemon of the Week 235: Enamorus

Enamorusの名前の由来・設定考察

単純なアクション性で言うとこれが一番辛かったです

Enamorus (Incarnate Forme)
“When it flies to this land from across the sea, the bitter winter comes to an end. According to legend, this Pokémon’s love gives rise to the budding of fresh life across Hisui.”

Pokemon Legends: Arceus

詳しい内容は “続きを読む” から。

概要

第八世代(?)の『LEGENDS』で登場した、ラブトロスです。

第五世代の自然神トリオの追加メンバーで、妖/飛の複合を持ちます。

ちなみに、4本角はランドロスより多い形になりますが、能力値的には風神雷神と同格のようです。

足場も視界も悪い上横槍も入りやすい最悪の環境で、検知範囲が広くバリア持ちの捕獲を強いられるため難所の一つです。

現状、通し番号で最後に位置するポケモンであり、禁止級以外がこれを務めるのはかなり異例です。


名前の由来

Enamorus (Love-Hate Pokemon)

Enamor “魅惑する” + Aeolus “アイオロス” ではないでしょうか。

Aeolus はギリシア神話の風神で、同じ名を持つ者が3柱いるという神格でした。

ほぼ同じ姿が3体というのはここからの着想だったと思われますが、この4体目の登場で少し事情は変わってきます。

おそらく、中華的な四神にモチーフが切り替わったと見るべきなのでしょう。

enamor はフランス語系の動詞です。

『愛のあいさつ』と訳される Salut d’amor という曲がよく知られているかと思います。


図鑑説明と設定

“When it flies to this land from across the sea, the bitter winter comes to an end. According to legend, this Pokémon’s love gives rise to the budding of fresh life across Hisui.”

“海を越えてこの土地に飛来すると、冷たい冬は終わりを迎える。伝説によれば、このポケモンの愛はヒスイ中に新たな命を芽生えさせる。”

海外から飛来することが明言されています。

土地神のカプなどと比較すると、明確に行動範囲の広い神であることがわかります。

(世界観上は)地方ごとに一体ではなく、イッシュとヒスイを股にかけて移動しているのでしょう。

「古代の英雄」という表現だったりこのロス達であったり、なんとなく『LEGENDS』は第五世代と関わりがあるような気がしています。

もしかすると、そのうち『ブラック/ホワイト0」のような前日譚がみられるかもしれません。


Enamorus (Therian Forme)
“A different guise from its feminine humanoid form. From the clouds, it descends upon those who treat any form of life with disrespect and metes out wrathful, ruthless punishment.”

Pokemon Legends: Arceus

“女性的な人型とは異なる姿。雲の中から、いかなる形の命であろうと軽視して扱う者どものもとに降りてきて猛烈で、容赦のない神罰を下す。”

亀の甲羅のように尻尾を背負い、その先端は鎌首をもたげた蛇のようになっています。

よく知られる玄武の姿に似た形に変化していると言えます。

そもそも、後付けで霊獣に変化する他3体とは違い、化身のときから明らかに蛇の形をした尻尾を持っています。

このデザインからも、四神のモチーフありきでデザインされたポケモンであることが窺い知れます。

なお、春の季節を与えられているものの、玄武が司るのは冬です。

トルネロスの専用技に氷効果がつくなど、他も春夏秋冬をそれとなく当てられていますが、この辺りの一致はしていないようです。

また、司る方角についても、特に出現地点と対応してはいません。

例えば、南を司るはずの朱雀(トルネロス)は逆に北端の雪原に現れます。

ただし、麒麟(アルセウス)を取り巻く霊獣たち、という意味では、ヒスイにいること自体が単独で意味を持つのかもしれません。


さて、今週のポケモンはラブトロスでした。

小ネタですが、ボルトロスは左手、トルネロスは右手、ランドロスは両手で技を発動します。

ではラブトロスはというと、なんとなく左手を添えながら尻尾を使って攻撃します。

コピペだ何だと言われながらも、しっかりモーションは差別化しているのですね。

それでは、来週もまたよろしくお願いします。

前回の記事へ

参考文献

Bulbapedia
Wikipedia
Wikipedia日本語版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2017 - 2022 ポケモンで英語を学ぶ人の雑記.


当サイトは非公式のファンサイトです。
引用の画像及び文章は、株式会社ポケモン、ゲームフリーク並びに関係企業に帰属します。