Pokemon of the Week 121: Sobble

Sobbleの名前の由来・設定考察

仮釈放期間なのでポケモンやります
記事は充電中に書きます

Sobble
“When scared, this Pokémon cries. Its tears pack the chemical punch of 100 onions, and attackers won’t be able to resist weeping.”

Pokemon Sword

詳しい内容は “続きを読む” から。

概要

第八世代、剣盾の水御三家、メッソンです。

水御三家には、ポッチャマに始まってアイドル感が強いものが多い印象ですが、弱気という新しいキャラ付けですね。

新世代のポケモンはまだまだ日が浅く、ここに書くことが少ない気がします。

高速かつ水というのはまずストーリーで腐らない性質な気がします

草の一部の方々のように、御三家が微妙だと荷物になりかねないので…

Febble、これからよろしくね


名前の由来

Sobble (Water Lizard Pokemon)

Sob “泣きじゃくる” + Bubble “泡” のようです。

泣く、といっても色々とある中で、弱々しく泣いているイメージの動詞です。

結構みっともない感じの表現で、メッソンの登場ムービーなど確かにそんな感じです。

日本語名は、擬態語の「めそめそ」と、加えて「カメレオン」とも言われます。

字面からは後半が少し怪しく見えるものの、Messonと音で表記してみるともう少し納得がいきそうです。

仮名は結構言語的な分析には邪魔になることが指摘されていて、音で考え直さねばならないことも多いです。


図鑑説明と設定

“When scared, this Pokémon cries. Its tears pack the chemical punch of 100 onions, and attackers won’t be able to resist weeping.”

“脅かされると、このポケモンは泣き出す。涙はタマネギ100個の科学的効力を含み、攻撃した者は涙を流すのを抑えられない。”

「レモン10個分」とか「東京ドーム3個分」とかそういった感じでしょうか。

元々結構な値なのにこうして比較対象に出されて弱くなってしまう現象が結構多いと思っています。

私は勝手にベジータ効果と読んでいます。

タマネギ対策

タマネギで涙が出るのは、細胞に含まれる物質が切れる際に飛び散って目を刺激するのが原因らしいです。

鼻から侵入することが多いとも言われ、口呼吸で多少改善するという情報もあります。

プラセボの可能性もありますが私はこれで多少対策しています。

水の中だとこの物質が溶けて、あまり気化しなくなると言われています。

そういえばメッソンも水に溶けますね。

とはいえ一々水中で切るのは面倒すぎるので、せいぜい鼻で呼吸しないのが現実的なレベルかと思います。

ちなみに、この成分を含まないタマネギも開発されているそうです。

遺伝子組み替えの他、Sunion という品種改良のものが存在するようです。


やっと剣盾エアプを卒業しました

隙を見つけて週末などにやっていくつもりです

進捗次第でこれからの記事に新ポケモンが登場するかもしれません

それでは、来週もまたよろしくお願いします。

前回の記事へ

参考文献

Bulbapedia
Wikipedia
Wikipedia日本語版
Sunions

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です