Pokemon of the Week 77: Chansey

Chanseyの名前の由来・設定考察

第77回。
ラッキーナンバーです。

Chansey
“A kindly Pokémon that lays highly nutritious eggs and shares them with injured Pokémon or people.”

Pokemon White

翻訳・解説は “続きを読む” から!



概要

初代のポケモン、ラッキーです。

その名前の通り、出現率も捕獲率も低く捕まえられたら非常にラッキーです。

能力値はHP・特防に尖っており、攻撃・防御は脅威の低さです。

倒して得られる経験値が多く、一部作品では貴重なしあわせタマゴを持っているため、育成の犠牲にされることも。

第二世代、第四世代と進化系が追加されていった特徴もあります。

Pokemon GOではその尋常でない硬さから、進化前にも関わらずジムの常連です。

よほど倒しやすくなりましたけどね。


名前の由来

Chansey (Egg Pokemon)

Chance “好機” ないし Chancy “予測不能な” と思われます。

非常に練られた名前と単純な名前に二極化する初代で、後者に当たるポケモンです。

ここまで語ることのない名前も珍しいものです。

chance は「確率」という使い方もあるので、海外有志のドロップ率検証などを見るのにも重宝します。

probability “確率” というのも同義ですが、こちらは学校で習うようなより数学的な言い方です。

odds というのも確率ですが、日本語の「オッズ」というのと同様のもので、起こる率/起こらない率 の比です。

競馬などで使われやすい用語のようですね。


図鑑説明と設定

“A kindly Pokémon that lays highly nutritious eggs and shares them with injured Pokémon or people.”

“とても栄養価の高いタマゴを産み、それを傷ついたポケモンや人に分けてくれる優しいポケモン。”

全体が関係節で修飾された一つの名詞句だけになっており、文ではない解説です。

kindly “優しい” は -ly にも関わらず形容詞です。他には friendly など。

-ly は語源的に like と通じており、一応、どちらも同源の接尾辞ということになります。

ラッキー7はなぜラッキー?

さて、なぜ、7というのは幸運の数字なのでしょう。

これには明確な由来は見つかっていないようですが、調査は行われています。

そもそも、人間は7という数字を好ましく思う傾向があるようです。

数学者Alex Bellosに寄れば、人間は奇数、とりわけ素数を好むそうです。(あるいは逆に、偶数は2を覗き素数ではないため)

しかし、おそらく10進法の影響で、5には何らか好まれない要素があると分析しています。

10より大きい数も好まれにくいとしています。もしかしたら、これも10進法との関連かもしれません。

すると残るのは3、7であり、事実3は次点として人気のある数だったようです。

7が3に優先された理由をBellosは、3が「日常にありふれているから」としています。

つまり、10進法の枠組みで、適度に小さく、希少な素数であることが原因とされている、ということでしょう。

世界共通の人間の性質の一端も見えるかもしれません。


さて、77ゾロ目の今回は、ラッキーでした。

昔のインターネットで、アクセス数キリ番とかゾロ目は掲示板へ、みたいなのありましたよね。

ああいった個人サイトの雰囲気は好きなのですが、閉鎖が多くて悲しいです。

それでは、来週もまたよろしくお願いします。

前回の記事へ
次回の記事へ




参考文献

Confidence Intervals
Online Etymology Dictionary
MailOnline

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2017 - 2022 ポケモンで英語を学ぶ人の雑記.


当サイトは非公式のファンサイトです。
引用の画像及び文章は、株式会社ポケモン、ゲームフリーク並びに関係企業に帰属します。