[レビュー・感想] 致命的運動音痴のポッ拳DX (2)

ダークミュウツー襲来。

心が折れなければ続きますと言ったポッ拳記事、無事第2回には続きました。
今回ちょっと危機的だったんですけどね!

前回のあらすじ

チュートリアルの時点で同時押しができず詰んだのでは?とまで思ったRea。

最初のリーグを頭の悪いボタン連打でくぐり抜けるが、2つ目のリーグの最初ですでにCPUに追い詰められるなど才能のなさが露呈する…!

果たしてこの先生きのこれるのか?

初回はここから




フェルムリーグ中盤?終盤?の感想

ブルーリーグ

前回すでにラウンドを取られかけるレベルだったブルーリーグ(ランクC)。
その時に誓った通り、wiki調べで一通りの情報を得ることにしました。

ちなみに弓キャラ好きのReaは最初ジュナイパーを使っていましたが、なんか思っていた動きと違った(多分自分の操作のせい)のでジュカインに鞍替えしました。

接近戦は助けてエイリーク!でいいのでもっと遠距離性能が欲しいんですよね。
その枠は魔法使いっぽい人たちなんですかね?

調べた限り、wikiではジュカインの評判はあまり芳しくないものの、なんとかブルーリーグをクリア。
ちなみに、ラウンドを取られることは稀にあったものの試合は落としていません。すごい!

そしてミュウツーがまた降ってきて無事に負けました

レッドリーグ

NPCも事前に言ってくれましたけど!なんか急にCPU強くない!?
最初にリーグやったときとか2/5落としたんですけど!

敵ポケモンのバリエーションが増えてきたのもあるかもしれません。
最初はCPUのキャラが結構制限されている感じだったのが、色々なポケモンが出てくるようになってきました。

覆面ピカ様がまず無理。コンボ入り込めない。
テールナーの弾幕も突破できないしジュカインとかダークライの設置物やめて。
デュエルの時のスイクンの謎直線ビームも発生早すぎで守れないしリザとカイリキーは一撃がゲロ痛い

要するに結構何が来ても戦々恐々としていました。

野良トレーナーにも普通にラウンドを取られるようになってきたのですが、なんとかクリア。
ちなみにトーナメントをジュナイパーのサポート封じデバフに気づかず一回やり直したのと、マスターのテールナーにも一回負けました。きつい。

ダークミュウツー戦

そうしたらまたミュウツーが降ってくる訳です。
このCPUめっちゃ強いので、ブルークリア後の戦闘では、やった!一撃入れたよ褒めて!とかやっていたのです。1人で。

今回もそのテンションで普通に戦って負けたのですが…
なぜか “やり直しますか?” の文字。

まじ?今回負けイベじゃないの?

そうしてこいつに軽く7、8回は消し炭にされました。
だってジュカインのHPが400ちょっとしかないのにあいつ900ぐらいあるんですよ!?キャラ格差のせいでしょ!(800残ったHPから目をそらす)

いや本当辛かったです。しかもなんかさらに禍々しくなって飛び去ったし。
強化版と再戦とかやめてくださいね。多分するのだけど。
というか全てのCPUがこんなに強かったらこの先たけのこの里です。生き残れません。(Reaはたけのこ穏健派です)

この戦闘で疲れ果てたので今回はここまで。

結び

繰り返しになりますが驚くほど厳しかったです。
この後、これ以上強いCPUとかひとたび魔境インターネットに繋げば魔王のようなプレイヤーが闊歩していることを考えると戦慄します。

レッドリーグでは、

  1. 相手を壁際に追いやる
  2. 遠隔掴みのギガドレインでダウンさせる
  3. ダウン中に目の前にタネマシンガンの罠を設置して壁に
  4. 起き上がりのタイミングでまた食らわせる(以下ループ)

とかいう汚いかつチキンな戦法でCPUを嵌めるということをやっての勝利です。
ちなみにエンペルトとかのスーパーアーマー突進で抜けられて吹き飛ぶまでがお約束です。小物の悪役かな?

このコーナーは、私がおそらくこの後に控えている強化ミュウツーや高レベルCPUにしっかり燃えるゴミにされなければ続きます。と思います。

ポッ拳関連の記事

第一回
第二回 ←今ここ
第三回
最終回

参戦ポケモンたちの記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2017 - 2022 ポケモンで英語を学ぶ人の雑記.


当サイトは非公式のファンサイトです。
引用の画像及び文章は、株式会社ポケモン、ゲームフリーク並びに関係企業に帰属します。